〒891-0175 鹿児島県鹿児島市桜ケ丘
4丁目1-10グランデール桜ヶ丘2F Aコープ隣
099-283-9538

矯正歯科 小児矯正 鹿児島市 歯科 歯医者 床矯正 噛み合わせ 歯並び 咬合 鹿児島 土曜診療・平日は夜19時まで受け付けております

HOME医師のご紹介当院のご案内診療案内交通案内お知らせ

宇宿駅の桜ヶ丘歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
QRコードモバイルサイト

QRコードを読取ってください。


QRコード予約サイト

QRコードを読取ってください。

HOME»  矯正歯科

矯正歯科・小児矯正

矯正歯科とは?

矯正歯科

歯が不揃いだったり、上下のアゴの歯並びがお互いに噛み合わない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。
矯正歯科とは、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態、きれいな歯並びにする歯科治療です。
しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、抜いて「差し歯」にすることは、基本的にはありません。
専用の矯正装置を用いて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯並びと噛み合わせを時間をかけて治していきます。
不正咬合の主な症状は、出っ歯、受け口、開咬、乱ぐい歯、乳歯反対咬合などがあります。

 

不正咬合が及ぼす症状

不正咬合をそのままにしておくと、食べ物がよく(うまく)噛めない、言葉が明瞭でなくなる、虫歯になりやすい、歯周病になりやすい、口臭の原因になる、アゴの関節に負担をかける、歯を折ったり、ケガをしやすいなどの原因にもなります。
また、見た目にはよい歯並びでも噛み合わせが悪いと、顎関節症等の原因になり、肩こりや腰痛などを引き起こすことがあります。

 

非抜歯、床矯正とは?

桜ヶ丘歯科では、一般的な矯正治療の他に床を用いた非抜歯、拡大矯正を行っています。
最近の子ども達は、軟食のせいか顎の発育が悪く、歯の並ぶスペースが不足して歯並びが悪くなる子が増えています。
通常の矯正治療では、上下2本ずつ歯を抜くことで不足したスペースをつくり、そのスペースに歯を並べるという考え方で治療を進めます。
それに対して、非抜歯、床矯正では、床を使って顎を側方または前方へ拡大することでスペースをつくり、歯を並べていきます。
萎縮した顎を拡大して正しい顎の大きさに戻して、自然で美しい口元をつくる矯正方法です。

 

一般矯正と床矯正の比較

■一般矯正

特徴 費用 治療の期間
痛みを感じることが多い。
矯正装置が目立つ。
抜歯することが多い。
抜歯矯正では、移動した歯が元へ戻る、
いわゆる後戻りが起こることがある。
約50万~100万円程度 通常2~3年
 

■床矯正

特徴 費用 治療の期間
歯を抜かずに矯正できる。
装置を取り外しできる。
顎が成長中の子どもに最適。
費用が安い。
12万円~(早期の場合) 通常1~3年

 

症例(12才 女性)

■初診時

反対咬合(受け口)

上顎の前方への発育が悪く、反対咬合(受け口)になっている。

下の写真のような装置で上顎を前方へ広げます。

上顎を前方へ広げます

■現在の状態

現在の状態

 

顎を側方へ広げる症例

顎を側方へ広げる症例

右の装置を使用します。(装置代 上下10万円)

症例 (6才 女性)

症例 (6才 女性)

永久歯に生えるスペースがないので側方へ拡大します。
8ヶ月で上下約5ミリ広がっています。

 

症例 (39才 女性)

症例 (39才 女性)

矯正希望の成人女性です。
歯を並べるスペースが足りないのでまず床矯正で側方へ拡大しました。
8ヶ月後上下共約3ミリ広がっています。
この後、ワイヤーできれいに並べていく予定です。